ローン中の中古車を売るには

ローンが残っている場合の中古車売却は?

ローンが残っている中古車売却

車は大半の方はローンを組んで購入されている事だろうと思います。

そこで、今回はローン残債がある場合の車の売却方法について解説していきます。

 

ローンを組んでいる場合の所有者はローンを借りているローン会社の物になります。 
でうすから、基本的には名義人を自分名義でないと「所有権留保」と呼ばれているシステムにより売却する事はできません。

 

 

本来ならばローン残債がある場合、そのローンを一括返済してローン会社の所有権を解除しなければなりません。
買い取り店では車の売却額でローンを精算してくれる上に、所有権解除の手続きも代行して行ってくれます。

 

 

【所有権解除の手続きに必要な書類】

・印鑑登録証明書(発行3カ月以内)
・車検証
・実印
・委任状(買取業者より書類を入手可能)
・自動車納税証明書

 

 

車の買取店で手続きを代行して行ってくれるので、ローン残債がある場合は早めの申告をお勧めします。 
査定額より残債が多い場合は不足分のお金を用意するか、残債分の再ローンを組みます。

 

 

例えば、ローン残債が150万円ある車を、100万円で売却したとすると…
150万円(ローン残債)-100万円(売却額)=50万円(不足分)

 

この不足分50万円を現金で用意するか、新しくローンを組み直すことで売却する事ができます!
中古車買取業者やディーラーに売却する際には、相談しながら売却のアドバイスをもらうようにしましょう!

≪中古車を相場よりも20万円高く売る方法≫

 

車を売却するならズバット 車買取比較の無料一括査定

ズバット 車買取比較

 

こんな中古車売れるのだろうか?」と思っている事故車・不動車の場合でも積極的に買い取ってくれる買取業者が増えています。

 

オークション感覚でより高い買取業者を選択する事が可能です。

 

【ズバット 車買取比較の魅力】

 

数分の入力で申し込み完了!
最大10社の大手買取業者に一括査定ができる!
事故車・不動車も売却できる!

 

名義変更などの各種手続きも買取業者が無料で代行してくれます!
⇒【ズバット 車買取比較】全国対応/車買取一括査定

 

車買取一括査定依頼[無料]

 

一括査定の手順はこちらのページで解説しています。

 

ローンが残っている場合の売却は?関連ページ

車を売る際の販売方法
中古車の販売方法は色々あります。販売方法によっても車の売却価格は異なります。このページではは、中古車の販売方法について記載しています。
車を売る際に必要な書類
中古車を売る際には、色々な書類が必要になります。紛失などのトラブルに備えるために、早めに準備しておきましょう!
車を売る際にかかる税金
中古車を売る時には、税金の事も考えなくてはなりません。中古車売却時には、戻ってくる税金などもあるので、税金の事をしっかりと覚えておきましょう。
自動車保険について
車売却と自動車保険の関係について記載しているページです。自賠責保険と任意保険がありますが、売却をした際に、戻ってくるお金と戻ってこないお金がありますので、事前に知っておく必要があります。
中古車の買取相場の調べ方
中古車の買取価格決定の仕方について記載していきます。中古車の相場はオートオークションによって決められています。その相場を知ることでより効率の良い中古車の売却をすることができます。
その車高く売れます!車を高く売るコツ
中古車を高く売るコツを記載していきます。車というのは売り方を間違えるだけでもかなりの金額を損することになりますので注意が必要となります。当ページを参考に、高く売るコツを身につけてください。

TOPページ 中古車買取業者の選び方 個人売買について 中古車買取業者レビュー お役立ち情報